WEB系の会社に採用されるには?

採用面接のポイント!請負のIT企業で働く

大手企業では、正社員は新卒採用でしかとらないというところもあるようです。中小企業でも、総合職は新卒採用のみであり、中途採用は専門的なスキルをもっていて即戦力となるような人材しか採用しないということもあります。新卒採用は、大学を出たばかりの未経験の若者を時間とコストをかけて育てなければならないというデメリットもありますが、どこの会社の色にも染まっていない若者を自分の会社好みの人材へと育て上げることができるというメリットもあります。中途採用で未経験者を採用することは、デメリットのほうが大きいと感じる企業が多く、即戦力となるようなスキルを持っていないと難しいようです。

請負のIT企業で働く場合でも、実務経験が重要になります。正社員で働いていた人が好ましいですが、アルバイトであってもプログラマーのサポートなどをやっていたという人は、一定の評価をされる可能性があります。IT企業では、実務経験が重視されるので、アルバイトや派遣でもいいので、プログラマーなどの仕事をやって経験を積むことが重要になります。しかし、IT企業では、それまで接客業をやっていた人や、工場で働いていた人などでも、面接に通過できることがあります。社会人としての常識やマナーがしっかりと身についている人なら、高度なスキルを持ったプログラマーよりも役に立つこともあります。また、ITエンジニアはこれからの時代、ニーズが高まっている職業であるにもかかわらず、人材は不足している傾向があるようです。その意味でも、ITエンジニアは未経験からでも正社員になれる可能性が高い職業と言えるかもしれません。請負は派遣とは異なるので、しっかりと契約形態については確認しておきましょう。

ページの先頭へ戻る