WEB系の会社に採用されるには?

人見知りでもしり込みせず介護福祉士採用

介護福祉士というと、人と常に接する上、その距離が近いこともあり、
人見知りでは難しいのではないかと思う方もいます。
しかし、それは実態とは少し違うと言えます。
もともと人見知りで、現在介護福祉士としてイキイキと働いている方は
たくさんいます。
つまり、採用されてもいるし、長く働き続けられている方もあちこちにいるのです。
例えば女性の場合、人見知りだからこそ、いわゆるビジネスパーソンとして
毎日お化粧し、ヒール靴をはいて出勤し、同僚とファッションセンスを競い合わざるをえない
というのがニガテだから、
お化粧をしなくても、きちんと仕事ができればいい職場として、
介護の仕事が向いているという人もいますし、
介護をするというのは、必ずしも、相手と常に目を合わせていなくては
いけないものではないのです。
世話をされる側にも様々な方がおり、目を合わされるのがニガテというケースも
あります。
とにかく刻一刻とお世話はしなくてはなりませんから、
スタッフ同士でも無駄に話すような時間が少なく、
そういった職場における社交辞令的会話がニガテな方にとっては、
余計な話をしたり、同僚の空気を読むのに必死になるより、
目の前の方のお世話をするのに専念できるということもあります。
人見知りというと、とかく就職に不利であったり、
マイナスイメージがつきまとい、就業に際して気にやむ方もいますが、
仕事によっては、その特性は、けっしてマイナスにならないということがあるので、
ご自分を人見知りと気にしている方には、視野を広げて、
特性を活かせたり、受け入れてくれる場所を探し、
そこで働くうちに、自身の特性を肯定的に捉えることができるように
なったり、自信がつくということもあるのです。

ページの先頭へ戻る