WEB系の会社に採用されるには?

WEB系の仕事の実務経験が無くても採用はもらえる?

WEB系の仕事の面接では、実務経験が最も重視される傾向があるようです。求人に「実務経験1年以上」などと書かれていることも多いです。求人に未経験者可と書かれていても、実務経験を積んだ人も応募してくるため、実際には未経験の人は不利になってしまいます。未経験者歓迎と求人に書かれていたら、企業側が未経験者を積極的に採用しようという姿勢を見せているということですから、実務経験の有無はあまり採用に関係しない可能性があります。未経験者歓迎と書かれている求人では、「今回は未経験者向けの求人だから」と、むしろ実務経験がある人のほうが不利になってしまうことすらあるようです。WEB系の仕事に限らず、転職では実務経験が重要になります。その理由としては、中途採用では即戦力を求めているからという理由があげられます。未経験の人を採用するイベントとして、新卒採用があります。新卒採用では、社会人経験ゼロの新人を、一から好みの色に染めることができるので、大企業などでは新卒採用しか実施していないということもあります。新卒というイベントは、企業がコストと時間をかけて、経験ゼロの新人を一から育ててくれるという、人生で一度きりのイベントです。一方、中途採用ではある程度経験を積み、即戦力となってくれるような人材を企業は求めている傾向があります。このように、新卒というイベントを逃すと、実務経験ゼロの人を企業が時間とコストをかけて育ててくれるということは基本的にはありません。しかし、WEB系の仕事では、人材が不足している傾向があるので、例外的に未経験者を募集していることもあります。もちろん、未経験者歓迎の求人であっても、ほんとうにスキルがゼロでは話にならないでしょう。それまでの仕事を通して得た経験や、コミュニケーション能力、やる気、熱意などが重要になります。

WEB系の会社に採用されやすい人の性格とは

WEB系の会社に採用されやすい人の性格は、コツコツと仕事をこなす忍耐力がある人がまず第一に挙げられます。プログラミングをする部門の場合は、一つ一つ正確に作業をしないと、どこかで躓いてしまうこととなります。したがって、確実に一つ一つを焦らずに行えるタイプは、WEB系の会社に採用されやすいといえるでしょう。また、技術者としてではなく、企画系の職種の場合は、良好なコミュニケーションをとれる人が、採用されやすいといえます。企画は一人が最初に立てたとしても、そのプロジェクトを進行するためにはほかの人たちのと協力が不可欠です。また、企画を複数人で行う場合であっても、意見をきちんと言えて、なおかつ相手の意見にも耳を傾ける人の方が、企画を立てるのに適しています。したがって、これらの性格を備えた人が採用されやすいです。もちろん、それだけで採用されるわけではない点には注意を要します。会社によっては専門技術的な能力や、一定期間以上の実向経験を要求している場合があります。そのような場合は、むしろ即戦力として使えるということを、正確より重視しています。そのため、自分がWEB系の会社に適していると思って応募しても、採用されるとは限りません。ただ、未経験でも良いという職場であれば有利に働く事情と言えるでしょう。採用されるうえで重要になるのが面接ですが、そこでは以上の性格を有していることをアピールすることができると、合格する可能性がよりアップします。そのためには、プレゼン能力を鍛えておかなくてはなりません。そこでうまくアピールできなければ、採用する側がその性格を有していることを理解できないため、有利な事情としては働かないのです。

WEB系の職で採用されてから入社までにすべき事とは

WEB系の仕事に採用された場合は、まず入社前に自分のスキルに磨きをかけておきましょう。WEBデザイナーやエンジニアといった仕事では、それが特に重要になります。自分の会社のホームページを見て、事業の内容を確認します。確認しながら、自分のスキルをどう生かせるか考えて、自分の会社に貢献できるように磨きをかけます。例えば、アプリを作成する仕事だったら、アプリを効率的に作成できるように自分で訓練しておきます。次に大切なことは、コミュニケーションの技術を向上させることです。WEB系の仕事では、お客様とのコミュニケーションの仕方が大切です。お客様の希望をよく理解して、自分の仕事にそれを反映させなければなりません。実際の仕事をしないと、コミュニケーションの技術は上がらないと思われるかもしれません。確かにそういう面はあるのです、日々の生活でも心がければ、コミュニケーションの技術は上がっていきます。他の人の話にきちんと耳を傾けて、自分は分かりやすい話をするように絶えず心がけていれば、コミュニケーションの技術は高くなります。新しい仕事の準備をしておくことも大切です。例えばデザイナーの仕事だったら、自分が担当する仕事に関する本を読んでおけば、良い準備になります。WEBデザインの本をいくつか読んで、本の中で使えそうなデザインがあれば、そのバリエーションを考えておくようにします。インターネットを使って、仕事に関する情報を調べておくのも良い方法です。健康の状態にも気を付けましょう。どんな仕事でも健康でなければ、続けていけません。病気があったら、それをできるだけ軽くしておく必要があります。規則正しい生活を送り、睡眠を十分に取っておきましょう。

ページの先頭へ戻る